婦人

適応障害を疑ったらセルフチェックを行ってみよう

適応障害を予防する

レディ

適応障害を前もって防ぐためには、適応障害になってしまう原因などをちゃんと把握することが大事と言えるでしょう。適応障害が発生してしまう直接的な原因として一番言われているのが、ストレスになります。環境が変わることで、非常に強いストレスが蓄積されると自律神経のうちに交感神経ばかりが働くようになってしまいます。人の身体というのは、交感神経と副交感神経のバランスによって健康を保っています。しかしながら、強いストレスが続いてしまうとこの副交感神経に働きが低下してしまい、いわゆる自律神経失調の状態になってしまいます。その状態になってしまうと頭痛や吐き気、倦怠感、抑うつ、睡眠障害、食欲不振など心身ともに様々な症状が現れてしまいます。これが適応障害になってしまう簡潔なメカニズムとなっています。
適応障害を発生してしまう主な原因がストレスになっているので、予防するためには出来るだけストレスを溜め込まない、受けないようにすることになります。とはいっても、日常生活の中で多少なりともストレスを感じるのは当たり前のことになりますし、急に環境を変えることも難しいです。ではどのようにすればいいのかというと、毎日のストレスを次の日に残さないことがとても大事になってきます。日々のストレスを毎日リセットすることが出来たら、適応障害などの精神疾患を発症してしまうリスクはかなり減らせるでしょう。逆にストレスがリセットできずに翌日になってしまう生活が続くと、ストレスは身体の中で蓄積されていきます。体内で蓄積されたストレスは必ず限界が来ます。この限界が超えた時点で、適応障害を発症してしまう可能性が高くなってしまいます。適応障害などをリスクを高めないためにもストレスをリセットするために重要なことは睡眠になります。睡眠不足が続いてしまうと、疲労が取れないと同時にいつもよりストレスを感じやすくなる傾向があります。そのため、睡眠はとった方が良いと言えるでしょう。忙しい人で十分に睡眠がとれない人でも睡眠の質を高めることを意識しましょう。また、この段階で睡眠障害の疑いがある場合などはすぐに医療機関に行き、早期発見が出来るようにしましょう。