婦人

適応障害を疑ったらセルフチェックを行ってみよう

適応障害とうつ病

白衣の人

うつ病は多くの人が聞いたことがある病気であり知られていますが、それ以外の精神疾患についてはあまり理解されていない状態となっています。うつという言葉が一人歩きしてしまった結果、うつ病と他の精神疾患である適応障害を誤認してしまうことが医療の現場でも起こってしまいます。うつ病と似ていると言われている適応障害ですが、いったいどのような病気なのか見てみましょう。適応障害とは情緒面や行動面の症状で、社会的機能が阻害されていることを指しています。生活の変化がその人にとって重いストレスとなって、日常生活や社会生活、対人関係に多大な支障が現れてしまうほどの不安感や心配などの症状が出てしまいます。このような症状がある場合は適応障害である可能性が高いです。やる気や興味がなくなるなどの意欲の低下や食欲が低下する、倦怠感といったようなうつ病と同じような症状が出ますが、行動面での症状は異なります。適応障害で多くある行動面の症状として抑うつ状態が原因の焦りや不安、怒りなどの感情が不安定になって、声を大きく怒りを表現したり急に泣き出してしまうことが目立ってしまいます。あわせて、アルコールに対して強い依存性を持ち、虚言を繰り返したり行き過ぎた攻撃性も症状の中にあります。この適応障害の場合だと、自分自身の性格や行動面の症状から発生してしまった事柄に対する罪悪感を持っていないことが多いです。無気力で自分を責める気持ちが強いうつ病とは大きな違いがあります。10~20代の青年期に適応障害になってしまうと、年相応には見られないような行動を起こしてしまいます。幼児期の子供の場合だと、夜尿症や指しゃぶりなどの赤ちゃん返りを起こしてしまうと言われています。
適応障害とうつ病の大きな違いと言えば、抑うつ状態の持続性でしょう。うつ病はストレスの原因から離れてみても抑うつ状態が続くことが非常に多いですが、適応障害の場合はストレスの原因から距離を置くと抑うつ状態が緩和される傾向があります。その結果、うつ病とは異なって趣味などを楽しむ余裕があります。この適応障害とうつ病の違いなどは、自分自身はもちろんのこと素人では判断しにくいです。自己判断などは絶対に行わずに、疑いのある症状が発生したらすぐに医療機関に行きましょう。