婦人

適応障害を疑ったらセルフチェックを行ってみよう

周囲のサポートが大切

ウーマン

最近では以前と比べてみると色々な疾患が増えてきました。その中でも新型うつ病はここ数年で見られるようになってきた疾患と言えます。本来のうつ病は激しい抑うつ状態や無気力、自分をひたすら責めるなどの症状が一般的でしたが、最近の新型うつ病は仕事や学校や無気力になってしまいますが、休んでいる間の趣味や旅行などは通常通りに楽しむことが出来て、自分を責めることも少ないです。むしろ新型うつ病は他人のせいにする傾向があり、自分の権利を主張してしまう特徴を持っています。また、抑うつ状態が常に続くわけではなくて、仕事中はうつの症状が出ますがそれ以外だと一時的に回復することもあります。趣味を楽しんでいたり、環境や周囲の人にせいにしたりするため、ただの甘えではないのかと勘違いさせることもありますが、患者にとっては深刻な問題なっています。この新型うつ病になりやすい人の特徴は、真面目で競争心が強い、プライドが高い人になります。このような性格の人は、この新型うつ病になってしまう可能性があると言えます。
適応障害と呼ばれている疾患は、普段は健康に見えますが職場など特定に環境にいると心身が不調になってしまう病気を指しています。新型うつ病も病名ではなく、俗称となっており精神医学での正式名称は適応障害となっています。この適応障害を改善させるためには、通常のうつ病とはアプローチが異なってきます。新型うつ病などの適応障害はストレスが主な原因ですが、それ以外にも周りのサポート不足や自分自身の精神的未熟さなども原因としてあげられます。治療を行なうには、家族など周りの人たちがサポートをしつつ本人の成長を促していったり、過度なストレスは避けつつもストレスの耐性を高めるための医学的なサポートなどが必要になってくるでしょう。また、アドバイスや相談、教育などが非常に重要になっていきます。適応障害の治療のためにはサポートが必要ですが、あまりに過保護に行いすぎると逆に悪影響を及ぼすこともありますので、バランスなどを考慮していくのが大事です。