主な治療方法|適応障害を疑ったらセルフチェックを行ってみよう
婦人

適応障害を疑ったらセルフチェックを行ってみよう

主な治療方法

顔を覆う人

精神疾患の1つに適応障害があり、うつ病ほどの患者数はいませんが多くの人が苦しんでいます。何かしらに強いストレスや環境に適応できないことで、日常生活や社会生活に支障をきたしてしまう状態となっています。ストレスはどんな人でも感じることがあるので、適応障害は誰でも起こってしまう可能性があると言えます。適応障害はなってしまった患者本人の原因だけではなく、周りの環境なども原因として影響していると考えられています。具体的な個人要因として、本人の遺伝的素因や経験などが影響されているでしょう。また、環境要因でいうと周囲にサポートをしてくれる相談相手がいないことや多忙な生活、喪失体験などがあります。こういった要因が重なって適応障害を発生してしまうことがあります。この適応障害ですが、治療方法に認知行動療法と薬物治療の2つがあります。主に認知行動療法が適応障害の治療法として用いられますが、症状を緩和するために薬物治療も行う場合もあります。認知行動療法とはストレスの問題や原因を捉えることで、ストレスの対処法などを身に付ける方法になっています。ストレスへの耐性を高めることは適応障害が発生しにくくなります。そのため、理想的な治療方法と言えるでしょう。また、適応障害に対して使用する薬物治療は一般的に抗うつ薬や睡眠薬などがあります。これらの薬を服用することで、適応障害によって引き起こされる症状を緩和することが出来ます。あくまでも対象治療としての位置づけとなっていますが、治療の一環として使用されることも少なくはありません。適応障害は回復するまでに長期間かかると思いますが、ゆっくりと回復していく病気になります。そのため、途中で諦めたりせず根気よく治療を継続することが非常に大切です。
また、適応障害と疑われる場合に少しでも早く医療機関に行くことをおすすめします。様々な医療機関があってどれに行けばいいのか迷ってしまうこともありますが、主に心療内科や精神科に行くと良いでしょう。また、仕事が原因でストレスを生じている場合は産業医に相談を行なうのもおすすめになります。